2020年5月24日
NEWS&TOPICS

ウェブアプリ「Biosignal Art」のご案内


Sports×Art×Technologyの力で楽しく運動ができるアプリを開発

順天堂大学COIプロジェクト室 沢田秀司

 この度、順天堂大学・東京藝術大学・立命館大学の共同研究として、Sports×Art×Technologyの力で運動を点数や音楽に変換し、楽しく運動を継続することができるウェブアプリ「Biosignal Art」を開発しました。

 本アプリは、文部科学省と国立研究開発法人科学技術振興機構が平成25年度から開始した「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」において採択された「運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点(立命館大学・順天堂大学COI拠点)」と「『感動』を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション拠点(東京藝術大学COI拠点)」の共同研究の成果のひとつです。内容としては、「パソコンのカメラで自分を撮りながら運動・トレーニングをすると、姿勢評価がなされ、その結果が点数や音楽に変換される」というシステムです。現在のバージョンで実施できるのは準備体操とスクワットのみですが、今後様々な運動・トレーニングの評価が可能となったり、新たなプロモーション映像が見られるようになったりといった展開をしていく予定です。

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響に端を発し、運動不足に陥る人々がより一層増えてしまうこと、それによって健康を損なう方々が増えてしまうことを危惧しています。本ホームページの内容と併せて、このウェブアプリも是非ご活用いただき、運動を楽しみながら正しく続けていただきたいと願っています。これからも我々とともに、ACTIVEな毎日を過ごしていきましょう。

※ウェブアプリ「Biosignal Art」の詳細に関しては、本学のプレスリリースをご覧ください。