2020年7月2日
NEWS&TOPICS

ウェブアプリ「Biosignal Art」のご案内②


Ver2.0公開

順天堂大学COIプロジェクト室・博士研究員
沢田秀司

 順天堂大学・東京藝術大学・立命館大学の共同研究として、Sports×Art×Technologyの力で運動を点数や音楽に変換し、楽しく運動を継続することができるウェブアプリBiosignal Artについて、更新版となるVer2.0を公開しましたので、ご案内いたします。今回の主な更新内容は、以下の通りです。

・Androidでも計測可能になりました。(対応ブラウザはChromeのみです。)

・新しい音楽(CとD)が搭載されました。

・新しいトレーニング種目(ショルダープレス)が追加されました。

・計測画面で各評価項目のグラフが自動生成され、計測後にダウンロード可能になりました。

・計測画面における映像やグラフは、全画面表示が可能になりました。

・計測画面における映像は、ミラーリング表示を採用しました。

・採点結果のCSVファイルのダウンロードは廃止しました。

・FAQページを新設しました。

・計測後のアンケートを新設しました。(ご協力お願いいたします。)

 本アプリは公開から1ヶ月強が経ち、北海道から沖縄に至るまで、日本全国の多くの方々にご利用いただいてきました。Ver1.0では下肢のトレーニング種目であるスクワットのみが実施できる形でしたが、Ver2.0では上肢のトレーニング種目であるショルダープレスが追加されました。このトレーニングは立位にて手本を示していますが、椅子に座って(椅坐位で)実施することも可能です。また、重りやゴムチューブを用いたり、手を強く握るように力を込めたりすることで、負荷強度を上げることができますが、何も持たずに適切な動作を身に付けていただくことから始めることも可能です。このように、新たなトレーニング種目を追加したことで、本アプリはより幅広い方々に利用していただくことが可能になったと考えています。

 歩くこと(ウォーキングや散歩)が習慣になっている人は多くとも、上肢を意識して動かす運動が習慣になっている人は、あまり多くないのではないでしょうか。特に、日頃デスクワークが多い方や、同じ姿勢でい続けてしまうことが多い方にとって、ショルダープレスは肩関節の可動域を良好にするための良い運動にもなると考えられます。バージョンアップした本アプリを是非ご活用いただき、ACTIVEな毎日を過ごすために、運動の選択肢を増やしていきましょう。