2020年6月1日
NEWS&TOPICS

HP一般公開について


新たなACTIVEへ

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科長
内藤 久士

コロナウイルス感染症の流行によって4月7日に緊急事態宣言が発出されました。

 たいへんな事態でありましたが、国民一丸の取り組みによって、5月14日に39県、残り8都道府県は5月26日までに解除となりました。しかし、宣言解除となった今も全てのことが元通りにというわけではなく、この戦いはまだまだ続くことからも、今後は感染症対策を意識した新しい生活様式を定着させていく必要があります。

 学校を取り巻く環境も激変し、オンライン授業や在宅での業務がすすみ、新しい様式に合わせた教育の進め方が模索されています。この間、我々は、新しい生活様式における「からだを動かすこと」の重要性について改めて考えました。その結果、「不活動からの脱却」という現代社会における問題をこれまで以上に意識し、最重要課題として取り組まなければならないことで意見は一致し、このピンチをチャンスと捉え、そのために何ができるのか知恵を絞りました。そしてアフターコロナの時代を見据えた新たな枠組を定め、その対応に向けて我々は再びスタートを切る決意を致しました。

 このような状況の下、プレオープンを経て本HPを正式に公開いたします。本HPでは、健康と幸福のため、科学的根拠にもとづいた安全安心なコンテンツを情勢変化に応じながら提供し続けることを目指します。本HPが、訪れた人々にとって運動をはじめる機会となり、アフターコロナの時代でも楽しく運動を続けていただく一助となると幸いです。